【電車の音対策】線路沿いの防音対策には何がある?線路沿いで静かな生活を実現するためのガイド

電車の音対策

線路沿いにお住まいで電車の音に悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

弊社でも防音のお悩みを相談が非常に多いです!

線路沿いの物件は駅から近い場合が多く、利便性から選ばれることも多い場所です。

しかし、コロナをきっかけとした在宅ワークの機会も増える中、『電車の音や振動で集中できない』といった場面も少なくないのではないでしょうか。

また、線路沿いの道はその利便性ゆえに、電車だけでなく、人や車、バイクも多く通ります。

そのため、「列車が走っていなくてもうるさい」と感じる瞬間も多いはずです。

今回は、そんな線路沿いの騒音に悩む方に向けて、線路沿いの防音対策について解説していきます。

幹線道路や高速道路沿いよりも騒音が大きいと言われる線路沿いの物件で快適な毎日を過ごすため、まずは簡単にできる防音対策から取り入れてみましょう!

防音 吸音 専門 マヤサウンド

防音・吸音専門


マヤサウンド

マヤ商会株式会社

スタジオ、ホール、映画館、音楽室、オーディオルーム、オフィス、会議室、談話室などの空間の音響にかかわる内装工事を主な事業としており、関西を拠点に北海道から九州まで幅広く防音工事を請け負っています。
2006年の創業から一貫してデザイン性と音質にこだわった音響の内装工事をしてきました。
現在では、そこで培った経験から防音製品も製作・販売しております。

目次

線路沿い生活の現実:メリットとデメリット

メリット

  1. 利便性の高さ: 駅が近いため、公共交通機関を利用するには理想的な立地です。
    また、駅周辺には商業施設が集まっていることが多く、日常生活が非常に便利になります。
  2. 家賃の割安感: 線路沿いの物件は、騒音が原因で他の立地に比べて家賃が安価に設定されている場合が多く、コストパフォーマンスに優れています。
  3. 日当たりの良さ: 高い建物が建ちにくいため、日照に恵まれた物件が多いのも特徴です。

デメリット

  1. 騒音問題: 最も顕著なのは電車の騒音。
    平日の夕方には115dbに達することもあり、その音量は高速道路の車内やライブハウスと同等かそれ以上です。
  2. 振動: 電車の通過に伴う振動が生活空間に影響を及ぼすこともあります。
  3. プライバシーの問題: 低層階では電車の乗客から室内が見える可能性があります。

専用のスマートフォンアプリを用いて、都市部の各駅停車が停まる駅近くの線路横で騒音を測定した結果

平日の夕方で最高115db(デシベル)

平日の深夜で最高83db

という値が出たという報告があります。

値は高速道路IC付近や幹線道路横よりも高く、特に平日夕方の値に関しては高速道路IC付近や幹線道路横よりも飛びぬけて高くなっていることも報告されました。

80dbが地下鉄の車内、100dbがライブハウスやカラオケの音の大きさ

とされているので、線路沿いの115dbというのはかなりの音量です。

全ての線路沿いでこれほどの音量が出ているわけではありませんが、線路沿いで騒音がストレスになっている方が多い証拠と言えます。

騒音で寝れない時の対処法5選!快適な生活のための騒音対策

集合住宅での生活は多くの便益を提供していますが、その一方で騒音問題は避けて通れない課題の一つです。 上階の足音、隣人のテレビの音、外部からの騒音など、騒音問題は…

騒音の心理的・身体的影響

騒音は単にうるさいと感じるだけでなく、人の心理的、身体的健康にも悪影響を及ぼします。

長期間にわたる騒音への曝露は、睡眠障害、ストレスの増加、集中力の低下、さらには高血圧や心臓病のリスク増加につながることがあります。

特に、線路沿いの住宅では、早朝の始発や夜遅くの終電の時間帯に騒音が発生しやすく、睡眠の質を大きく損ねる原因となり得ます。

このような騒音問題への対策としては、防音カーテンや防音窓、さらには特殊な防音材料を壁や天井に施すことで、ある程度の騒音を遮断することが可能です。

また、住む際には騒音レベルを確認し、できるだけ騒音の少ない時間帯や、振動が少ない構造の建物を選ぶことも重要です。

線路沿いの生活が持つリアルな問題には、上手な対処法が求められます。

メリットを享受しつつ、デメリットを最小限に抑える工夫をすることで、線路沿いでも快適な生活を実現できるでしょう。

騒音に対する耐性は人それぞれ異なるため、自分自身や家族の健康を第一に考え、最適な住まい選びを心がけることが大切です。

電車の音の大きさと種類

線路沿いでの生活は多くのメリットを享受できる一方で、避けられないデメリットとして電車の騒音があります。

この騒音はただ単に「うるさい」という問題ではなく、その大きさや種類によって生活への影響の度合いが異なります。

ここでは、騒音の大きさと種類を深く理解し、それに対する適切な対策を考えてみましょう。

騒音の種類とその特徴

線路沿いの騒音は、その発生源によって大きく分けられます。

主なものとしては、以下のような種類があります。

電車の走行音

電車が線路を通過する際に発生する音で、最も一般的な騒音源です。

通過時のスピードや電車の種類によって、音の大きさや質が異なります。

電車が走らない時間帯でも深夜に貨物列車などが走る路線も少なくないため、電車以外も走る線路沿いの場合は、1日中騒音や振動に悩まされている方も多いでしょう。

踏切の警報音

踏切近くの物件では、電車の通過と共に踏切の警報音や遮断機の動作音が聞こえます。

これらは反復的かつ予測可能な音であり、一定のリズムを持って発生します。

振動による騒音

特に大型の電車が通過する際には、地響きのような振動が発生し、これが室内の物に影響を及ぼすこともあります。

人の話し声や車両の騒音

線路沿いの道路や駅周辺では、人の話し声や車両の騒音も無視できません。

電車や車の音に比べれば静かと思うかもしれませんが、仕事中や眠りにつくときなどに聞こえてくる話し声は意外と気になるものです。

これらは電車の騒音とは異なり、不規則で予測が難しい特徴があります。

これらの騒音に対する対策としては、防音カーテンの使用や窓の隙間へのテープ貼り、さらには防音ボードの設置などが効果的です。

また、線路からの距離がある物件を選ぶ、窓が線路を向いていない部屋を選ぶなど、物件選びの段階での工夫も重要です。

線路沿いでの生活をより快適にするためには、騒音の大きさと種類を正しく理解し、それに応じた対策を講じることが重要です。

騒音問題は避けられないかもしれませんが、適切な対応によってその影響を最小限に抑えることができるでしょう。

線路沿いの騒音対策:基本編

線路沿いでの生活は便利さと引き換えに、電車の音や振動という問題を抱えています。

しかし、現代の防音技術を駆使すれば、これらの騒音問題を大きく軽減することが可能です。

ここでは、線路沿いの騒音対策の基本編として、窓、壁・天井、床への防音対策を詳しく見ていきます。

窓への防音対策

線路に面している部分に窓がある場合が多いため、まず窓への対策を考えてみましょう。

すきまテープ

窓の隙間から侵入する騒音を防ぐ最も簡単かつ経済的な方法です。

専用のすきまテープを窓枠に貼ることで、外からの騒音を軽減できます。

テープは自己粘着性があり、取り付けも簡単で、見た目にも大きな影響を与えません。

専用のテープは100円均一でも購入できるので、試しやすいでしょう。

防音カーテン

防音カーテンは、厚手の布で作られ、音波を吸収して反射を抑えることで騒音を低減します。

さらに、遮光・遮熱効果もあり、一石二鳥の対策です。

防音カーテンは話し声など高めの音に効果的なので、電車だけでなく話し声も気になるという方におすすめです。

選ぶ際には、防音性能に注目し、部屋のインテリアに合わせたデザインを選ぶことが重要です。

防音ガラス

窓自体の防音改善を望むなら、防音ガラスの設置が効果的です。
防音ガラスは、二重や三重のガラス層で外部の音を遮断します。
費用はかかりますが、最も根本的な騒音対策と言えます。

壁・天井への防音対策

防音パネル

壁や天井に設置する防音パネルは、外部からの音を遮断し、内部からの音を外部に漏らさないようにします。
デザイン性に富んだ製品も多く、部屋の装飾としても機能します。
取り付けは専門業者に依頼することが一般的ですが、DIY可能な製品もあります。

テレワークスペースの確保も兼ねて防音したい場合には、パーテーションタイプの防音パネルがぴったりです。

机と椅子周りに置くだけで簡単に音を遮断できるので、仕事にも集中できます。

吸音材

吸音材は、壁や天井に取り付けることで、部屋内の音を吸収し、反響を減らします。
これにより、室内の音質が改善され、外部からの騒音も軽減されます。
吸音材は、防音パネルと併用することで、より高い防音効果を得ることができます。

床への防音対策

防音マット

床への防音対策として最も手軽なのが、防音マットの敷設です。
特に重量感のあるマットは、床を通じた振動や音の伝わりを抑える効果があります。
リビングや子供部屋など、日常生活で音が気になる場所に敷くと良いでしょう。

【2024年完全版】床の防音対策で騒音トラブルを解決!注意点やポイントを解説

防音と聞くと、隣家からの音で悩まされないための対策をイメージするかもしれませんが、自分の生活音を隣家に聞こえさせないようにするためにも重要です。今回は床の防音…

防音タイルカーペット 静床ライト(10枚セット)【送料無料】

(8件のカスタマーレビュー)
¥13,770 (税込)

【その他おすすめ防音商品】 下の階に伝わる音を軽減してくれる防音タイルカーペット『静床ライト』 商品累計売上枚…

カテゴリー:

2. カーペット: 防音効果を持つカーペットも、床への騒音対策として有効です。
カーペットは、歩行音を軽減するだけでなく、部屋全体の音響環境を改善します。
選ぶ際は、厚手のものや防音性に優れた素材を選びましょう。

これらの防音対策を組み合わせることで、線路沿いでの生活でも、騒音問題を大幅に軽減し、快適な空間を実現できます。

住環境に合わせて最適な対策を選択し、穏やかな毎日を送りましょう。

線路沿いの騒音対策:応用編

基本的な防音対策を超えてよりも、さらに生活の質を高める応用的な防音テクニックも存在します。

室内空間の最適化、低コストでできるDIY防音テクニック、そして防音対策グッズの活用法について詳しく掘り下げていきます。

室内空間の最適化:防音ルームの設計

防音ルームの設計は、音響学的原理に基づき室内空間を最適化することで、外からの騒音を効果的に遮断し、室内の音響環境を向上させることができます。

これには、部屋の形状を工夫したり、特定の材料を使って壁や天井を構築したりする方法があります。

壁の二重構造

外壁と内壁の間に空間を設けることで、音の伝達を遮断します。
この空間に吸音材を充填することで、さらに防音効果を高めることができます。

防音ドアの使用

防音の重い材質のドアを使用することで、ドアを通じた音の侵入を抑えます。
ドアの隙間を密閉することが重要です。

防音ドア

特殊な防音ガラス

防音性能に優れた特殊なガラスを使用することで、窓からの音の侵入を大幅に減少させます。

低コストでできるDIY防音テクニック

プロに頼まずとも、自分でできるDIY防音テクニックには様々な方法があります。

  • 本棚の活用: 壁に面した本棚は、本そのものが吸音材として機能します。
    また、隙間なく本を並べることで、音の伝達を物理的に遮断する効果があります。
  • 防音カーテンの二重掛け: 防音カーテンを二重に掛けることで、さらに防音効果を高めることができます。
    異なる厚さのカーテンを組み合わせると、より幅広い音域をカバーできます。
  • 段ボールや卵パックの利用: 壁に段ボールや卵パックを貼り付けることで、簡易的な吸音パネルとして機能させることが可能です。
    見た目はあまり良くありませんが、一時的な対策としては有効です。
【おすすめ】防音に効果的な家具とは?身近なものでできる防音対策!

最近では、自宅で仕事をする「在宅ワーク」をしている人が増えており、特に集合住宅に住んでいると防音対策について考える人も少なくないでしょう。 防音対策にはさまざま…

こちらの記事も参考にどうぞ!

防音対策グッズの活用法

市販されている防音対策グッズを上手に活用することも、騒音問題の解決に役立ちます。

  • 防音イヤーマフやイヤープラグ: 在宅ワーク中や就寝時に使用することで、外部の騒音を効果的に遮断できます。
  • 吸音フォーム: 吸音フォームは、壁やドアの裏側に貼り付けることで、室内の反響音を減らし、外からの音の侵入も防ぎます。
  • 防音シート: 窓ガラスに貼ることで、外部からの騒音を軽減する防音シートも有効です。
    取り付けが簡単で、見た目の影響も少ないのが魅力です。

線路沿いでの生活は、こうした防音対策を施すことで、より快適になります。

自宅の状況や予算に応じて、最適な方法を選択しましょう。

騒音問題は一夜にして解決するものではありませんが、地道な努力と工夫で大きく改善することが可能です。

実体験から学ぶ:線路沿い住民の声と解決事例

線路沿いの生活は、便利さと静寂の間のバランスを見つけることが鍵です。

駅近のメリットを享受しつつ、電車の騒音とどう共存するか。

実際に線路沿いで生活している人たちの声と、彼らがどのように騒音問題を解決しているのかを掘り下げてみましょう。

線路沿いで快適に過ごすためのリアルな声

「工夫」で快適性アップ

ある住民は、寝室をアパートの電車と反対側に移動することで、夜間の騒音問題を大幅に軽減しました。

また、テレワーク中に集中を妨げられないよう、防音イヤーマフを使用しているという方も多いようです。

「慣れ」がキーワード。

こちらは直接的な解決策ではありませんが、多くの線路沿い住民は、時間が経つにつれて電車の音に慣れ、それを生活の一部として受け入れてるようです。

最初は耳障りだった騒音も、ある日突然、気にならなくなったという人も少なくありません。

実際に住んでみるとそこまで気にならなくなるということも多いようです。

神経質な方は難しいと思いますが、予算的にも安くなることが多いので、慣れるのを待つのも一つの手なのかもしれません。

成功事例としての実践テクニック

DIYでの改善

窓の隙間にすきまテープを貼ったり、壁に防音パネルを自作して取り付けたりするなど、DIYによる防音対策も効果的です。

これらの対策は比較的低コストで、個人のニーズに合わせてカスタマイズできるため、多くの住民が試みています。

これらで改善しない場合は、専門家に相談が必要でしょう。

生活リズムの調整

電車の運行スケジュールを意識し、それに合わせて生活リズムを調整することも有効な対策の一つです。

例えば、電車の本数が少ない早朝や夜間に集中して作業を行う、などの工夫をしています。

外部専門家との協力

重度の騒音問題に直面している場合、防音専門の業者に相談し、プロの意見を取り入れることも一つの解決策です。

専門家による詳細な診断と提案で、自宅の防音性能を根本から向上させることができます。

騒音問題は個々の状況や感受性によって異なるため、多角的なアプローチで解決策を模索することが大切です。

自身のライフスタイルに合った方法を見つけ、線路沿いでも快適な生活を実現しましょう。

防音対策の最新トレンドとアドバイス

線路沿いの生活で避けられない騒音問題は、多くの住民が抱える共通の悩みです。

しかし、技術の進化と共に、防音対策は日々進化を遂げています。

最新の防音技術とその展望について探っていきましょう。

防音技術の進化と今後の展望

進化する防音材料

近年、防音材料は大きく進化しています。

従来のものよりも軽量で、より高い防音性能を持つ新素材が登場しています。

特に、ナノテクノロジーを利用した素材は、従来のものと比較して厚みが薄く、施工が容易でありながら、優れた防音効果を発揮します。

スマート防音システム

IoT技術の進化により、音の振動を感知して自動で防音対策を施す「スマート防音システム」が注目を集めています。

これは、特定の騒音を感知すると、自動で窓を閉めたり、防音カーテンを展開したりして騒音を軽減します。

今後は、このような自動化技術により、より快適な室内環境が実現されることが期待されます。

透明防音材

防音と採光の両立は、特に線路沿いの住宅での大きな課題です。

新たに開発されている「透明防音材」は、これを解決するための一つの答えとなります。

この材料は、優れた防音性能を持ちながらも光を通すため、室内を暗くすることなく騒音を軽減できるという特長があります。

iwasemi HX-α / PRODUCT | Pixie Dust Technologies, Inc.

CONCEPT オフィスにクリアな閑しずかさを ガラスに囲まれた空間につきまとう反響音の問題。音響メタマテリアル技術を応用した透明吸音パネル「iwasemi™ HX-α」は、ガラス…

防音に関するアドバイス

適切な素材選び: 防音対策を行う際には、素材選びが非常に重要です。
例えば、防音カーテン一つをとっても、全ての騒音に対して同じ効果があるわけではありません。
低音をカットしたいのか、高音をカットしたいのかによって選ぶべき素材は異なります。
専門家に相談し、自宅の状況に最適な防音材料を選ぶことが大切です。

総合的な防音対策を: 防音は、窓だけ、壁だけといった部分的な対策ではなく、総合的なアプローチが必要です。
例えば、窓への対策を施しても壁が薄ければ効果は半減してしまいます。
家全体の防音計画を立て、複数の対策を組み合わせることで、より高い効果が期待できます。

プロの意見を参考に: 防音対策は専門的な知識を要する分野です。
自己判断で行うよりも、プロの意見を参考にすることで、コストパフォーマンスの良い、効果的な防音対策を実施できます。
特に、重要な部分の施工は専門家に依頼することをおすすめします。

防音技術は日々進化しており、快適な生活空間を実現するための新たな選択肢が増え続けています。

専門家からのアドバイスを参考に、自宅の環境に合った最適な防音対策を見つけ出し、線路沿いでも静かな生活を楽しみましょう。

まとめ

何度も述べてきたように線路沿いでの生活は、利便性の高さと騒音の問題という、二つの大きな特徴を持っています。

日々の快適な生活を確保するためには、これらの騒音問題に対する総合的な対策が不可欠です。

総合的な騒音対策の重要性

騒音対策を一つの観点からだけでなく、総合的にアプローチすることが、線路沿いでの生活の質を大きく向上させます。

線路沿いの住宅における騒音は、電車の走行音だけではなく、踏切の警報音、通行人や車両の騒音など、多岐にわたります。

これらの騒音に対して、窓への防音対策、壁や天井への対策、さらには床への対策を組み合わせることで、効果的に騒音を軽減できます。

窓には防音ガラスや二重サッシ、防音カーテンを設置し、壁や天井には防音パネルや吸音材を施すことで、外部からの騒音を大幅にカットできます。

さらに、床に防音マットやカーペットを敷くことで、下階への音の伝わりを抑えることも可能です。

これらの対策を総合的に行うことで、快適な室内環境を実現できます。

持続可能な快適生活への第一歩

持続可能な快適生活を実現するためには、日々の生活習慣の見直しも重要です。

例えば、夜間に騒音が気になる場合は、寝室を線路から離れた部屋に設定する、深夜や早朝の時間帯には静かな活動を心がけるなど、生活スタイルを少し変えるだけでも、騒音によるストレスを軽減できます。

また、騒音対策製品の選定や配置にあたっては、専門家の意見を参考にすることも大切です。

最新の防音技術や製品を活用することで、より効率的かつ経済的に騒音問題を解決することが可能になります。

専門家と協力して、自宅の環境に最適な防音計画を立てることが、持続可能な快適生活への第一歩となります。

上記の方法でも解決しない、あるいはしっかりとした防音対策を行いたいという方は無料でお見積りを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

業界随一の「音の質」に特化した音響専門の内装工事技術

防音工事はマヤ商会にお任せください!

関西(兵庫・大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀)を中心に日本全国の防音工事に対応しております。

マヤ商会のホームページはコチラからご覧ください。

マヤ商会の施工事例

京都 防音工事
大阪 防音工事